痛みも違和感もない元気な身体であり続けるために、治療家としてできることを考え、提供しています。

問診をしているとこのような不安を抱える方がいらっしゃいます。

また、痛くなるのではないか

もう、これ以上は良くならないのでは

クセになってしまっているので、仕方がない

多くの方が、持病=長く付き合う としてしまい諦めてしまいます。
ですが、岡谷市民整骨院では、「持病にさせないこと」これが重要だと考えています。

突然の怪我、打撲、ぎっくり腰や寝違いなどの強い痛みからの回復だけでなく、必要に応じて、痛みや症状の再発防止、怪我後のリハビリによる筋肉、関節の可動可能範囲の改善までをサポートする痛みの予防、再発防止ケアに対しても力を入れております。

なぜ、痛みの予防ケアを行う必要があるのか?

 怪我や痛みは、簡単に説明すると筋肉や靭帯などの組織が「切れる、腫れる、傷つく」ことで起こります。
この「切れる、腫れる、傷つく」部分は、普段から負荷がかかっているところほど傷つきやすく、治りも遅くなります。
整骨院では施術により、時に、骨格を調整し、筋肉の硬直を緩和し、患部に負担がかからないようにして、血行、リンパ、細胞の治癒力を最大限に高めることで、痛みを取って、回復しやすい状態に持ってゆく。

 これが岡谷市民整骨院で行う施術で行っていることです。
 
我々がもっとも気を付けていることは、
痛みが解消した=治った わけではないということです。

 転んでしまった擦り傷がかさぶたができて、新たな皮膚ができるまで時間がかかるように、傷ついた筋肉や靭帯が万全となるのには時間がかかってしまいます。
その時間は、【年齢】【怪我をした部位】【日常生活で患部にかかる負荷】など様々ではあります。

当院でも、施術後、2週間は通っていただくことをご提案しておりますが、

一度で痛みが我慢できる程度になったので、治療を止めてしまう。

回復する前に健康な時と同じように、運動や仕事で無理をしてしまう。

痛みや不安を庇いながらの生活で、身体の別の部分を痛めてしまう。

とどうしても痛みが再発してしまう危険性が残ってしまうわけです。

 痛みをぶり返す方に共通することは、日々の日常の中で痛みを引き起こしている原因を抱えて生活していることになります。
その癖は、一日二日で改善はされません。

そこを改善するために、岡谷市民整体院では痛みを根本から治すための予防施術という考え方を取り入れることをしております。

 岡谷市民整体院では、きちんと治すには、初期治療だけでなく、痛くならない身体づくりも不可欠と考え、予防施術として痛みが緩和した後の回復期以降に、ぎっくり腰や腰痛やねんざなどの突発的なケガや痛みを慢性化、再発を起こさず健康な身体を維持していただくためのご提案をさせていただいております。

岡谷市民整体院の提供する予防施術

患部及び、患部周辺を支える筋力のアップ

痛みや不調と筋力低下は特に深い関係があります。
特に体の基盤となる腰を周りを支える下腹部筋肉は、腰痛、ぎっくり腰、膝の痛み、背中の痛みにつながります。

痛めた患部とその周辺の筋力を取り戻すことで、再発防止ケアの効果は高くなります。
◎筋トレなどを行うのでなく、医療機関でも使用される機器を用い、身体の奥深くの筋力を寝ているだけで鍛え引き締めてゆきます。

生活のクセからくるバランスを整える施術

当院で行う矯正法は骨格のバランスを整えることで、患部とその周辺の筋肉への負荷をなくす施術法です。
筋力の衰えは姿勢を悪くし、どうしても身体の一部に負担がかけます。

筋肉が柔らかく回復力と柔軟性のあるうちは、何ともありませんが、身体に負担をかけていることは確かです。
これが、寝違いや関節の違和感、ぎっくり腰などの怪我につながることもあるのです。

当院では、全身のバランスを整え、立ち仕事、すわり仕事でも負担をかけない身体に整えます。

なぜ、痛みはぶり返してしまうのか?
どうして、持病となってしまうのか?

岡谷市民整骨院はただ治療するだけでなく、
患者さんの「仕事のためにも、治したい!」
「好きなことを楽しむために、治したい!」という気持ちに応え
健康で痛みを産まない身体にすることで、根本から痛みを取り除く施術を提供いたします。

お問い合わせはこちら

岡谷市民整骨院 0120-972-534
メールでのお問い合わせはこちら
岡谷市民整骨院 0120-972-534
お問い合わせはこちら


岡谷市民整骨院

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする